三国志は私が高校の頃に三国志ブームがあって、リアルタイムでハマりました。

ちょうどアニメで三国志(横山光輝の三国志が原作)をやっていた時期で、小説(吉川英治氏のもの)とか、すごくブームだった印象があります。

もちろん私はアニメから入ったので、はじめに転んだのは蜀です。

孔明にはめっちゃハマり、ハマりすぎてそこからさまざまな三国志の本に手を出しました。

度がいきすぎて、孔明の活用した孫氏の兵法まで読んだり、孔明の筆跡の跡をコピーして、いつも持ち歩いていたり…。

(あと孔明が尊敬していたという楽毅や晏子についてもいつか知りたいと思っていたら、後年、宮城谷昌光さんが小説を出してくれたので知る機会を得たりとか)

重症でした。

ところで当時流布していたのは、演義版の三国志のお話が多かったように思います。

で。

いろんな人の書いた三国志に触れていくうちに、正史の三国志があることを知ります。

今では一般によく知られていることですが、三国志演義は「ものがたり」であって、実際の「三国志」とは異なり、脚色の度合いが強い部分があります。

蜀が正義だったり、曹操が悪役だったり…。

これらは三国志演義における世界観です。

その後、成人してから折々に曹操の再評価の話を耳にする機会があり、ここ数年で、三国志の中で一番好きなキャラは孔明から曹操に移りました。

自分自身が歳をとり、人生経験を積んだのもあって、こう…

人を起用していくその度量の大きさを見直した。

というのが正しいかもしれません。

敵対した人をナンパ(失礼!)とか、なかなかできないですよ。

受け入れるって。

なのでついていくなら曹操だな。

とか思ってます。

ですが国として面白いと思っているのは呉です。

なんというか、こう…呉人(ごひと)は基本、血気盛んなというか。(笑)

特に孫策が活躍した頃などはおもしろいな。

って思っています。

まだ三国志は不勉強なので、もっと知りたいと思っています。

とりあえず最近は中国で制作されたTVドラマ「三国志 Three Kingdom」にハマってます。

曹操が不敵すぎて面白いです。

おすすめです。