曹操、刀を献ず

三国志見てます。

中国で制作された「三国志 Three Kingdoms」。

中国で制作されたもので、TVドラマ版かな?

話数が長いです。

日本でも何年か前に放映されていたみたいです。

ベースは三国志演義。

第1話は「曹操、刀を献ず」。

曹操が董卓に信用されているのを逆手に取って、暗殺を試みるお話。

しょっぱなから失敗して、いきなり追われる身になりますが。(笑)

ところでこの曹操役の人、凄みがあって、面白いです。

ドラマでは曹操がちょこちょこ大胆なことをやらかすんですが、それがまたすんげー不敵なの。

それをこの曹操役の人がやると、肝が座ってるっていうか、見てるこっちが圧される感じ。

三国志演義って基本、劉備とか蜀陣営が中心で、彼らが主人公のお話なんですが、この三国志は曹操が面白いです。

いま並行して正史も読んでいますが、その違いを見比べながら見るのも楽しいです。

てか、こちらを先に見てしまうと、正史がすごく違和感感じるあたり、やっぱドラマの力ってすごいなーと思います。

そして、三国志演義はちょこちょこ作り話が盛られてるわけですが、よくもまあこの話をここまでもっていったな。

という伏線もあって、三国志演義の物語としての出来の凄さにも関心します。

三国志、おもしろいです。