ナショナル(パナソニック)の創業者、松下幸之助さんが創業時、特約店といって自社の商品を各地方の電気屋さん(昔は大型家電屋がなかった)に取り扱ってもらうように、それぞれのお店に訪問&お願いをしてまわってたときの話なんですが。

そのときに松下さんが見ていたのが、夫婦の仲だそうです。

松下さんは、基本的に夫婦の仲の良いお店を中心に契約をお願いしてまわってたそうです。

これを文章化して説明するのってちょっとむずかしいのですが…。

たぶんその夫婦の仲が、そのまんまそのお店の未来や、いざというときに反映されてくることなんだと思います。

なんとなくわかる気がします。

奥さんに対する扱いとか、旦那さんに対する扱いとかがひどいと、

「あぁ…この扱いのされかたが、自分の未来なんだな」

と、やっぱりちょっと思ってしまうわけです。

友人とか、仕事上の相手とかとは違う、「家族」という形において、特にその人の性格なり、人となりが出てくるんだと思います。

その人の内側。

という意味で。