アナログカラーの画材はカラーインク(ドクターマーチンなどがメジャーです)、コピック、水彩、ポスターカラー、アクリルガッシュ、パステル、カラーオーバーレイ(カラートーン)などがあります。
蛍光系の色は再現されません。
蛍光ピンクや蛍光イエロー、蛍光オレンジなどは使わないようにしましょう。
また、カラーインクは蛍光色が強いので、一部再現されない色があります。
コピックも一部蛍光色が強いものがありますので、再現されない色があります。
水彩、ポスターカラーなどは水気によって紙がたわむことがありますので、水張りをオススメします。
パステルやオイルパステルは原稿を汚しやすいので、必ずパステルフィキサをかけて原稿を保護しておいてください。
パステルフィキサをかけた後、さらにトレーシングペーパーを上にかけておきましょう。
カラーオーバーレイ(カラートーン)は重ね貼りをすると陰ができます。
この陰も再現されてしまうので、陰影をつけたいときは下に陰の色をコピックやカラーインクなどで塗っておき、ベタ部分のみ使用するなど、陰が出るような貼り方は避けましょう。

【関連記事】

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.