ページ数なんて、原稿が書きあがるまで分かるわけないじゃん!!(怒)

と思われる方が多いかもしれません。^^;

確かに原稿ができあがるまでわからないんですよね。(特に小説の方は)

実際は書きあがるまで分からないことが多いのですが、ページ数によっては印刷方法が限定されてくるので、ページ数を決めた上で原稿を書かなくてはならないことも出てきます。

その一つの目安となるのが、40ページです。

これを超えると、コピー本が作れなくなるのです。

コピー本のページ数の上限

コピー本の上限は40Pです。(でっかいホッチキスとか断裁器があるならそれ以上も可能です)

個人的には、コピー本は40Pでもちょっとキツイかな。

と思っています。

40ページ以上はホッチキスの針が通らないので、これ以上は、印刷所を使う選択になってしまいます。

どうしても40P以上でコピー本にする場合には、2冊に分けるとか、特殊な方法で製本するなど、手間がかかる作業が必要です。

コピー本を作る場合は、40P以下で、4P単位で増減させます。

コピー本(中とじ)として選択できるページ数は、「8P、12P、16P、20P、24P、28P、32P、36P、40P」です。

オフ本のページ数について

オフ本のページ数の上限は、基本的に何ページでも大丈夫です。(200Pオーバーとかでも大丈夫)

サイズによって利用できるページ数が異なってきますが、A5本だと8P単位、B5本だと4P単位で利用できる印刷所が多いです。

ページ数の調整と、ページ数の上限によるコピー本とオフ本の選択について

原稿制作に慣れてくると、おおまかなページ調整ができるようになってきます。

とはいえ、最終的には数ページ単位の誤差はどうしても出てきます。

細かい調整は、1、2ページの調整ならば、前書き、あとがき、インフォメページを削ったりして調整できます。

3〜7ページならば、穴埋めページ(トークやショートストーリー)で調整できます。

話を作るのに慣れれば、いらない部分を削ることで大幅にページ調整ができるようになります。(ちょい上級技かな?)

話を書く前に厳密なページ数が決まらないにしても、構想を練った時点で、話が長くなりそうか、短くてすみそうかの判断ならつくかと思います。

ページ数によってコピー本にするかオフ本にするかを決める場合は、40Pを超えるかどうかを基準に決めてくださいね。

これ以外は、基本的に4ページ単位で何とかなります。^^

あわせて読みたい関連記事

コピー本の作り方

【関連記事】

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.