表紙の印刷色とともに決めなくてはならないのが、表紙の用紙です。

 

コピー本の表紙用紙

コピー本だと、コピー用紙を表紙に使うと表紙用紙として少し弱い(紙が薄い)のと、本としてのメリハリが弱く感じられます。

もし用紙持ち込みOK(手差しコピーOK)のコピー機を使えるようでしたら、用紙を変えてみる。

という選択も考えてみてください。

この場合、コピー機に向いている用紙と、向いていない用紙というものがあります。

コピー機に通す用紙は、文具屋などで売っている、PPC対応用紙を使用してください。

それ以外の用紙は、紙詰まり、コピー機の故障になるので通さないようにしましょう。

※PPC対応用紙以外へのコピーは、綺麗にコピーできないものです。

これ以外にもプリンターで出力したものを表紙に使うのもアリです。^^

 

オフ本の表紙用紙

オフ本の場合、用紙を変更すると割増料金がかかります。

特にこだわりがないのでしたら、標準の用紙で大丈夫です。

(フルカラーならアートポスト、ミラーコート。多色、1色、スミ刷りは色上質、エンボス紙、アートポスト等)

そうはいっても特殊紙の表紙に憧れてしまうのは、私だけしょうか。(笑)

特殊紙とは、光沢ラメ系の用紙(シャイニーなど)、独特の文様が美しいレザックなど。紙の種類は相当数あります。

【関連記事】

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.