コピー本で扱えるページ数

コピー本は、製本の関係上、必ず4の倍数でにする必要があります。

ただしコピー本は、40ページを超えるとホッチキスが通りにくくなりますので、40ページ以下で作るのがおすすめです。

具体的には、8ページ、12ページ、20ページ、24ページ、28ページ、32ページ、36ページ、40ページの、いずれかのページ数で作るようになります。

※4ページはコピー用紙1枚で済んでしまいますので、ここではコピー本として扱いません。

 

本文以外に必要なページ

本文のページ以外に必要なページですが、

・表紙
・裏表紙
・表紙のウラ
・裏表紙のウラ

の4ページは、絶対外せないページになります。

ところで同人誌は「奥付」を外すことができません。

奥付とは、発行者の名前や連絡先などを明記したものです。

奥付のためだけに1ページ取ることも多いです。

私はいつも

・内表紙
・まえがき
・あとがき
・奥付

の4ページを追加していました。

この追加ページについては、原稿が必ず4の倍数のページで収まるわけではありませんので、奥付以外のページを削ったり増やしたりして対応します。

なお、追加のページについては、奥付以外はイラストとかトークなどで代用してもオッケーです。

 

ページ数の数え方

本のページ数は、表紙や裏表紙、表紙のウラと裏表紙のウラなど、全てのページを含めた、総ページ数で数えます。

本文のページ数だけでないので注意が必要です。

実際のページ数の数え方をご紹介します。

 

1ページ目(表紙・表1)

1ページ目は表紙です。表1(ひょういち)とも呼ばれます。

同人誌コピー本のページ数の数え方 表1

 

 

2ページ目(表2)

2ページ目は表紙のウラです。表2(ひょうに)とも呼ばれます。

基本的に印刷をしないページです。

同人誌コピー本のページ数の数え方 表2

 

遊び紙

遊び紙はページ数に数えません。

また、基本的に遊び紙には印刷しません。

今回は遊び紙を入れていますが、必ず入れる必要はありません。

同人誌コピー本のページ数の数え方 遊び紙

 

本文

本文は3ページ目から始まります。

通常ノンブル(ページ番号)は「3」になりますが、コピー本の場合は、「1」を使用する方もいます。

同人誌コピー本のページ数の数え方 本文は3ページから開始

 

最後からー1ページ目(表3)

裏表紙のウラです。表3(ひょうさん)とも呼ばれます。

遊び紙を入れている場合は、表3の前に遊び紙がきます。

同人誌コピー本のページ数の数え方 表3

 

 

最後のページ(裏表紙・表4)

最後のページは裏表紙です。表4(ひょうよん)とも呼ばれます。

同人誌コピー本のページ数の数え方 表4

【関連記事】

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.