オフ本とは、オフセット印刷の本のことです。

インクを使って印刷機で印刷する方法です。

印刷所に頼んで(注文)して作ります。

印刷所に頼めば全てオフセット印刷(オフ本)となるわけではなく、オンデマンド印刷(オンデマンド本)も扱っているところも多く、印刷方法により違ったものとなります。

オフセット印刷のメリットは、この印刷方法で印刷した本は仕上がりが美しいのが特徴です。

特にベタが綺麗に仕上がります。

また、分厚いページ数の本にも対応しています。

オフセット本の特徴として、大部数になるほど1冊あたりの単価が安くなっていくことがあげられます。
(例:50部だと1冊あたりの原価700円なのに、300部だと1冊あたりの原価190円 等)

デメリットとしては、最低50部以上からの受付にしているところが多いため、小部数には向かない印刷方法です。

小部数の場合は印刷コストもかなり割高になるため、その場合はオンデマンド印刷がおすすめです。

【関連記事】

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.