オンデマンド本とは、わかりやすく説明すると、印刷所用の大型のレーザープリンターで出力して作った本のことです。

インクではなく、トナーなのが特徴です。

トナーなので、オフ本と違い、インクの裏写りといった現象が起きません。

家庭用のレーザープリンターなども一種のオンデマンドですが、印刷所用のオンデマンド印刷機は、機械によっては油が乗るため、若干テカテカした感じに仕上がったりする場合があります。

また、ベタ部分に若干のムラが見られることもあります。

小部数に向いている印刷方法で、10部から印刷してくれる印刷所もあります。

逆に何部刷っても1冊あたりの単価に差が出ないため、150〜200部以上になる場合は、むしろオフセット印刷の方が割安になることもあります。

ページ数が多くても対応してくれるため、コピー本では扱えないページ数になった場合で、小部数を検討している方は、オンデマンド印刷がおすすめです。

【関連記事】

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.