注文した部数以上の、余った本のこと。
通常印刷所は印刷する際、注文部数より多めに印刷することで、ミスをした際の再印刷の手間を省く。
多めに印刷して余ればその分も一緒に同封してくれる。
印刷の状況に左右されるためか、余部の部数は多かったり少なかったりと、まちまち。
余部の冊数分の印刷料金はとられないが、余部をつけてくれるのは、一種のサービスのようなものなので、少ない、もしくは全く余部がないからといって、クレームをつけてはいけない。

【関連記事】

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.