郵便局で売られている現金封筒(売価20円)に現金を入れて(直接でも、何らかの封筒に入れてもどちらでも可)送金する方法。

小銭を入れすぎるなどして重くなるとその分料金が増し、金額が増えても料金が増す。
他の入金方法に比べ、割高感は否めない。

【現金書留:損害要償額1万円までの料金】

重さ
料金
定形郵便物
25gまで
500円
50gまで
510円
定形外郵便物
50gまで
540円
100gまで
560円
150gまで
620円
250gまで
660円
500gまで
810円
1Kgまで
1,000円
2Kgまで
1,270円
4Kgまで
1,570円

※損害要償額が1万円を超える場合は、5,000円までごとに、10円を表示の料金に追加。
損害要償額の限度額は、50万円まで。

現金書留で送金する際には、印鑑が必要。

【関連記事】

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.