のりが乾いたら、落り目をつけます。

図1のように背の部分を折って折り目をつけ、そして、開いた状態になるように折り目をつけます。
折り目をつけるときには表紙が破れないように、慎重に行います。

【関連記事】

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.