MacBookProで原神を遊ぶ方法。GeForceNOWの無料プレイ設定方法紹介

10-MacBookProで原神を遊ぶ方法。GeForceNOWの無料プレイ設定方法 GeForceNOW

原神をMacBookでプレイできるかどうか、実際にMacBookProでプレイしているともちが、メリットやデメリット、設定方法から無料のフリープランでの遊び方をご紹介します。

原神はMacBookでプレイできる?

できます。

ただし、Macに対応した専用のアプリは提供されていないため、GeForce NOW(ジーフォースナウ)というクラウドゲーミングサービスを使って遊ぶことになります。

GeForce NOWとは?

GeForce NOWとは、NVIDAが提供しているクラウドゲーミングサービスです。

クラウドゲーミングとは、インターネットを通じて、クラウドサーバー上でゲームの動作・処理を行うサービスのことです。

デバイスにかかる負荷が少ないため、通常のスペックでは動作が厳しい高画質のグラフィックゲームを遊ぶことができます。

GeForce NOWのメリット・デメリット

メリット

  • デバイスを選ばない
  • デバイスがハイスペックである必要がない
  • ストレージを消費しない
  • 遊べるタイトルが多い(1600以上。うち100以上が無料)

今回はMacBookで紹介していますが、GeForce NOWは、Windows、ChromeOS、Android、iOSに対応しています。

また、今回は原神に絞って紹介していますが、FORTNITEやAPEX、バイオハザードなども遊ぶことができます。

デメリット

  • インターネット環境が必須
  • 遅延・ラグが発生することがある

サービスの使用上、インターネット環境が必須で、かつクラウドサーバーを利用するため、遅延が発生することがあります。

原神プレイ時に遅延が気になったことはありません。

しかし対戦ゲームなどの遅延がシビアなゲームは、ラグが気になるかもしれません。

GeForce NOWのプランごとの料金とプレイ時間の違いについて

GeForce NOWは、Softbankとauがプロバイダーとして運営を行っています。

GeForce NOWを遊ぶには、どちらかのアカウントが必要になり、さらにプランを選ぶ必要があります。

おすすめは、Softbankの「フリープラン」です。

GeForce NOW Powered by SoftBank

GeForce NOW Powered by SoftBank

2024年3月29日に「GeForce NOW Powered by SoftBank」はサービス終了となります。(新規受付は2月28日まで)

プラン 月額料金 連続プレイ可能時間 接続
フリープラン(オススメ) 無料 30分 通常
プレミアムプラン 550円(税込) 6時間 優先

フリープランの順番待ちは、プレイ時間が終わったり、一度列から外れてしまうと並び直しになります。

「プレミアムプラン」は接続が優先されるものの、同時接続人数が上限に達した場合、「プレミアムプラン」でも待ち時間が発生します。

フリープランのデメリットは?

Softbankのフリープランは無料で遊べるのが魅力ですが、プレイ時間が終わったり、一度列から外れてしまうと並び直しになります。

平日日中は、15〜30分程度の待ち時間でプレイできます。

しかし土日は、6時間経ってもまだ待ち時間だったりと、かなり長時間待たされます。

プレイ時間が30分なのもあり、1回プレイしたあと、また数時間待つことに。

そのため長時間プレイしたい方は、有料のプレミアムの方がオススメです。

GeForce NOW Powered by au

GeForce NOW Powered by au

プラン 月額料金 連続プレイ可能時間 接続
auスマートパスプレミアム用
GeForce NOW(新規受付一旦停止中)
548円(税込)※1 60分 通常
GeForce NOW Powered by au
(有料版)
1,980円(税込)※2 長時間 優先

※1:「auスマートパスプレミアム」とは、auユーザー以外でも入会できる、月額548円(税込)で多くの特典を利用できるサブスクサービスです。

※2:このプランの利用にはau IDが必要です。支払いは、auかんたん決済のみになります。
au・UQ mobileユーザーはau・UQ mobileセット割特典により、330円引きされます。

接続は「GeForce NOW Powered by au(有料版)」が優先です。

ただし同時接続人数が上限に達した場合、「GeForce NOW Powered by au(有料版)」でも待ち時間が発生します。

MacBookのどのモデルでプレイできる?

MacBookにGeForce NOWを入れる場合は、下記スペック以上が推奨になっています。

OS macOS 10.11以降
モデル 2009年以降に発売されたMac

2009年以降に発売されたMacBookなら、IntelMacでもM1〜M3でも対応しています。

IntelMacにBootcampやエミュレーターを入れて原神はプレイできないの? 実際の感想は?

Macには、エミュレーターなどでWindowsを入れることができます。

このエミュレーター上のWindowsに原神を入れて遊ぶ方法があります。

結論からいうと、理論的にはできるのですが、「実用的ではない」というのが、正直な感想です。

私の場合は、ゲームのインストール時点でエラーが発生し、プレイにまで至りませんでした。

スペック→MacBookPro(Late2018 IntelMac CPU:i7(2.6GHz)、メモリ:16GB、SSD:525GB)にBootcampとParallelsの両方で実験。どちらもダメだった。

起動すらできないのなら、大人しくGeForce NOW使ったほうがいいな。

というのが、正直な感想です。

それにこの方法は、エミュレーター代(Parallels)や、WinOS代も別途万単位のお金が必要なので、正直おすすめしづらいです。

プレイできないともったいないですからね。

GeForce Nowの設定方法

それではGeForce NOWの設定方法をご紹介します。

ここでは無料で遊べる、Softbankの「フリープラン」での登録方法をご紹介します。

1)サイトにアクセス

GeForce NOW Powerd By Softbankの「フリープランに登録」をクリックします。
(フリープランに登録が出てこない場合は、下までスクロールしてみてください)

フリープランに登録|GeForce_NOW_Powered_by_SoftBank

2)ユーザー仮登録(無料)

続いてメールアドレスを入力し、「注意事項」をクリックします。

新規仮登録___GeForce_NOW_Powered_by_SoftBank|GeForce_NOW_Powered_by_SoftBank

注意事項を必ず下までスクロールし、閉じます。

新規仮登録GeForce_NOW_SoftBank

注意事項を確認し終わったら、チェックを入れて、「確認」をクリックします。

新規仮登録___GeForce_NOW_Powered_by_SoftBank|GeForce_NOW_Powered_by_SoftBank-6-2

「注意事項」が未確認だったり、下までスクロールしなかった場合、確認画面でエラーになります。

操作方法エラーGeForce_NOW_SoftBank

新規仮登録完了後、仮登録のメールが送信され、ユーザー登録の画面へ自動的に切り替わります。

3)メールの確認

登録したメールアドレス宛に、本登録案内メールが送信されます。

■本登録はこちら■のURLをクリックして、ユーザー登録に進みます。

メールの確認_新規仮登録GeForce_NOW_SoftBank

URLは1回の登録のみ有効です。共有不可。

4)ユーザー登録

登録に必要な項目を入力し、利用規約とプライバシーポリシーを確認します。

その後「確認」ボタンをクリックします。

ユーザー登録GeForceNOW_SoftBank

利用規約は必ず下までスクロールし、プライバシーポリシーをクリックしないと、確認画面でエラーになります。

操作方法エラーGeForce_NOW_SoftBank

登録内容を確認し、「フリープランに登録」をクリックします。

最終確認_本登録_GeForceNOW_SoftBank

5)フリープラン申込完了&アプリダウンロード

「フリープラン申込完了」画面になったら、「このままフリープランでお試し」タブを選択します。

その後、「GeForce NOWアプリをダウンロード」ボタンをクリックして、アプリをダウンロードします。

フリープラン申込完了___本登録___GeForce_NOW_Powered_by_SoftBank|GeForce_NOW_Powered_by_SoftBank-2

6)アプリのインストール

GeForceNOWアプリをインストールします。

MacにGeForceNOWをインストール

Mac板のインストール

7)アプリログイン

アプリを起動し「ログイン」をクリックします。

ログインGeForce_NOW

8)プロバイダー選択

ブラウザでプロバイダー選択画面が開きます。

今回は「Softbank」をクリックします。

GeForce_NOWログイン画面プロバイダー選択

ブラウザによりエラーが出る場合があります。エラーが出る場合は、違うブラウザでログインを試してみてください。(私の場合はFirefoxでエラーが出たため、Chromeでログインしました)

GeForceNOWログインエラー画面

9)アプリにログイン

登録したログインIDとパスワードを入力して、「ログインする」をクリックします。

ログイン画面GeForce_NOW_SoftBank

メールアドレスではログインできないので注意!

10)認証キー入力

登録したメールアドレス宛に認証キー(6桁の数字)が届くので、認証キーを入力し、「ログインする」ボタンをクリックします。

認証キー入力GeForceNOW_SoftBank

11)プライバシー設定

生年月日を入力し、各種設定を選択後、「登録する」をクリックします。

プライバシー設定GeForce_NOW-4-2

12)ログイン完了

この画面が出れば、ログインの完了です。

ログイン完了GeForce_NOW-6

アプリでのログイン完了

ログイン完了GeForce_NOW

これでGeForce NOWの設定完了です。

GeForce NOWでの原神の遊び方

1)アプリ起動&ログイン

GeForce NOWのアプリを起動し、ログインします。

ログイン完了GeForce_NOW

2)原神を検索&プレイ

上記の検索フォームから、「Genshin」を検索し、「プレイ」をクリック

GeForce_NOW-でゲーム(原神)を検索

英語で検索がポイント

3)待つ

「プレイ」をクリックするとゲームが起動し、「フリープラン」の場合は、待機が始まります。

下記画像は「あなたの前には次の数のゲーマーがいます:528」とあり、数字が0になるまで待ちます。

200人ぐらいだと30分程度の待ち時間、600人程度だと、体感5〜7時間ぐらい待ちます。

GeForce_NOW_待ち画面_GeForce_NOW

4)いざプレイ開始

自分の順番がくれば全画面表示モードになり、プレイ開始です。

「フリープラン」の場合、突然はじまる&開始後すぐカウントダウンがはじまるので、ゲームが始まったのが分かるようにしておきましょう。(音量をオンにしておくなど)

まとめ

MacBookでもGeForce Nowを入れれば原神をプレイすることができます。

そしてDualShok4などのコントローラーも使えます!
(USB接続が設定が楽でおすすめ)

今回は原神を例に紹介しましたが、原神以外のゲームも遊べます。

MacBookでの素敵なゲームライフの参考になれば幸いです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました