水煮三国志を読んだので水煮魚を作ってみた

水煮魚 クッキング

水煮魚水煮三国志(みずにさんごくし)という中国発のビジネス書がございまして。

なんで三国志をそんな生臭そうな状態で煮たようなタイトルにしたんだ。

と思っていたら、この本を中国で発売する当時、水煮魚という料理が流行(人気爆発?)していたらしく、そこからこの名前がついたのだとか。

へ〜〜〜。

水煮魚なんて料理、聞いたことないな〜。

と思いつつ本を開き、あまりのギラギラさに途中からついていけなくなり(ごめんなさい)、ただただ水煮魚という言葉だけが記憶に残った本でございました。

で。

最近になって、人生、心残りのないように気になることは何でもしておこう。

ということで、この水煮魚を食べてみたい。

ってなったんですね。

しかし、水煮魚って聞くからにマイナーなので、食べに行くよりも作ってみることにしました。

レシピはクックパッドにあるし。

今回お世話になったのはこちらのレシピ。

水煮魚 ~ 激辛!中華四川魚料理(クックパッド)

いざ作るべし。

水煮魚を作ってみる

材料は

  • 白身魚
  • 片栗粉、塩コショウ
  • 酒(紹興酒)
  • 生姜、にんにくのみじんぎり
  • 豆板醤
  • もやし
  • セロリ
  • 中華スープ(味覇)
  • 鷹の爪
  • 花椒
  • サラダ油

魚はちょっと熟成されてるぐらいのほうがいいんだ。
というので、ちょっとヨタって半額になってるタラと鯛をたっぷり。

紹興酒はなかったので、日本酒で代用。
魚のヌメリと臭みが取れりゃいいんだ。

セロリ。
中華ってちょこちょこセロリ登場するよな。
なんか洋風のイメージがあるんだけど、こんな香りの強いものが中華に合うのか?
と首をかしげつつもセロリ好きなので用意。

サラダ油。
こちらは、前日に油(天ぷらの食べすぎ)に当たって胃がやられていたので、オリーブオイル(ピュアの方)に変更。
中華にオリーブオイルは邪道なんじゃないかって?
私の胃の方が大事だ。
それに普段から料理は和洋中オリーブオイル使ってるから、少々合ってないぐらい平気だ。

色々この時点でレシピと違っているけど、まあいいや。

ということで、材料が揃ったところで調理開始。

まず魚は、酒と塩コショウしたあと、片栗粉をまぶして下茹で。

魚の調理が済んだらメインへ。

生姜とにんにくと豆板醤を炒め、野菜を入れて、中華スープを入れてしばらく煮る。

頃合いが良くなったら、魚と鷹の爪、花椒を乗せ、あつーーーく熱した油をぶっかける。

ジャーってめっちゃいい音するいけど、めっちゃ油飛ぶ!!

これ、お客さんの前でやったら絶対

わーーーー!! すごーーーーい!!

ってなるやつ。

面白い。

この油をぶっかけで、水煮魚は出来上がり。

本当は大きなお皿に盛って油をぶっかけるんだけど、4人分にもなると大きなお皿がないので、今回はフライパンでやりました。

できあがったあとはお皿に盛って、熱いうちにいただきます。

見た目は鷹の爪と花椒めっちゃ使ってるので辛そうなんですが、できたてはそんなに辛くない。

むしろちょいピリ辛でおいしい。

油もめっちゃ浮いてて、見た目で当初、母と祖母はたじろいでいたのですが、食べすすめると、おいしい!!

ってなってくれました。

良かった。

セロリも火を通したら風味がわからなくなって、むしろシャキシャキして美味しいし。

オリーブオイルはまぁ見たかんじ明らかにオリーブオイルだし、味もオリーブオイルだけど、そんなに違和感ないし。(個人の見解です)

美味しかったです。

魚はタラのほうが合うかな。

あとスープはパンに浸して食べると絶対おいしい。
(スープ飲みたかったけど、油の量が多く、油しか口に入ってこないので飲むのは断念した)

1時間後の水煮魚

さて、水煮魚を作ったあと、息子にも声をかけたのですが、ゲーム中ですぐには食べられず。

1時間ぐらいたってから食べたところ…

居間にいる私のところへわざわざ来て、

「辛い」

と。

だから出来たときにすぐ食べないと辛くなるよって言ったじゃん。

「そんなこと言ったって…」

とぶつぶつ言いながら食卓に戻っていったと思ったら、また後ろに立ってる。

「辛い」

そんな辛いのか。

てか、また来たのか。
(辛すぎて座ってられない模様)

唐辛子って脂溶性だから、時間がたつと、もりもり入れた鷹の爪の辛味が出てきちゃうのかもね。

でももう辛味が出ちゃったものはしょうがないしな。

今度作るとしたら、油の仕上げだけは食べる直前にしてあげるとするか。

水煮魚を食べた感想

ということで。

結構簡単だし、案外本格的な中華だったりするし、演出も面白くて、なによりも美味しい水煮魚。

四川料理が好きな方におすすめです。

また、魚安かったら作ってみるかな。
(魚はレシピ通り、白身がおすすめ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました